HOME

就活前に必要なこと

この世界的な不況、震災の影響もあり、今年も就活は苦戦が続いている。
多くの企業が参加し、就活セミナーや説明会などが開かれているが、参加をしても全ての学生が救われる、雇われるわけではない。
そして運良く就職できたとしても不景気、円高の影響を受け、企業自体がなくなってしまうこともある。
昔の日本では年功序列という制度の下、多くの人たちが就職をするとその企業で一生を終えていくことが出来た。
しかし、現在の状況ではその企業自体も一生続くものではなく、企業のほうが先に倒れてしまい、従業員は転職を余儀なくされることも多い。
年功序列の元では就活=一生の働き先を決めるということにつながっていたのだが、今は就活を行うことで自分の存在価値を認めてもらい、無事就職できたらとりあえず安心をする。そして自分自身を見つめることなく、他者からの評価だけで就職をしたことにより、自分の中で本来の自分と仕事をしている自分が分かり合えず、心に不調をきたすことになり、会社を辞めていくようなパターンになってきていると思う。
学生に学生時代取り組んでいただきたいことは、就活を行う前に「本当の自分」「本当にやりたいことは何なのか」をはっきりと自覚していただきたいということである。
もちろん学校の就活指導でも行っているとは思うのだが、元々大学にいくこと事態が親や周囲からの期待にこたえるためであり、何の目的も無く大学に入学し、ただ淡々と単位を取っているだけの学生が多いので、就活指導もその延長線上でただ淡々と指導を受け、教科書どおりの受け答えが出来ればOKになってはいないだろうか。
是非学生には自分を見つめなおす時間を作っていただきたい。

What's New(新着情報)

HOME